HOME利用規約 > ファイアウォール管理サービス 利用規約

利用規約

ファイアウォール管理サービス 利用規約

オプション

ファイアウォール管理サービス 利用規約

第1章 総則

(利用規約の適用)
第1条 株式会社エヌ・ティ・ティ ピー・シー コミュニケーションズ(以下、「当社」といいます。)は、InfoSphere IP シリーズ利用規約「ファイアウォール管理サービス版」(以下、「利用規約」といいます。)を定め、利用規約を遵守することを条件として利用契約を締結していただいた契約者(以下、「契約者」といいます。)に対し、利用規約に基づきファイアウォール管理サービス(以下、「本サービス」といいます。)を提供します。
2 契約者は利用規約を遵守して、本サービスの提供を受けるものとします。
(利用規約の変更)
第2条 当社は、契約者の承諾を得ることなく、利用規約を変更することがあります。この場合の料金その他の提供条件は、変更後の利用規約によります。
2 利用規約の変更にあたっては、当社は当該変更の対象となる契約者に対し、その内容を当社が別途定める方法で通知するものとします。ただし、この通知が到達しない場合であっても、変更後の利用規約が適用されるものとします。
(サービス提供条件)
第3条 本サービスの提供は、当社が提供するインターネット接続サービスである「InfoSphere IPシリーズ」の別途定めるサービスコース(以下「接続サービス」という。)に付随して提供します。
(サービスの内容)
第4条 当社が提供する本サービスは、次に掲げる事項にかかるものとします。
  1. ファイアウォール機器及びファイアウォール機能の提供。
  2. ファイアウォール機器の設定内容の変更。(当該変更は、リモートからの変更作業となります。)
  3. ファイアウォール機器の稼動状況の監視。
  4. ファイアウォール機器に対して、当社が必要と認める修正及びバージョンアップの実施。
  5. その他ファイアウォール機器に付随するアンチウイルス、Web フィルタリング等、当社が別途定める機能。
  6. 第2 項から第5 項までの事項にかかわる報告。(当社が指定する方法によるものとします。)
2 故障が生じた場合の処置
  1. 当社は故障受付を24 時間365 日実施するものとし、その対応は営業時間内とする。
  2. 契約者は、ファイアウォール機器の故障により、本サービスを受けることができなくなった場合は、直ちに当社にその旨を連絡するものとします。
  3. 前項の連絡があった場合において、ファイアウォール機器が故障していた場合は、当社は当該ハードウェアを修理し、又はその交換を行うものとします。
  4. 第2 号のハードウェアの故障が契約者の責に帰すべき事由による場合は、当該ハードウェアの修理又は交換に要した費用は、契約者が負担するものとします。
(サービスの種類)
第5条 当社が提供する本サービスには次のサービス種類があります。
サービス種類 内容
ファイアウォール管理サービス(A) 概ね1.5Mbps未満の回線帯域でのファイアウォールとして使用する。
ファイアウォール管理サービス(B) 概ね1.5Mbpsの回線帯域でのファイアウォールとして使用する。
ファイアウォール管理サービス(C) 概ね同時セッション数25以下で使用するファイアウォールサービス。
ファイアウォール管理サービス(D) 概ね同時セッション数50以下で使用するファイアウォールサービス。
ファイアウォール管理サービス(E) 概ね同時セッション数100以下で使用するファイアウォールサービス。
ファイアウォール管理サービス(ライト) アンチウイルス・アンチスパム機能などを標準で提供するファイアウォールサービス。
(サービスの終了)
第6条 当社は、本サービスを終了することがあります。
2 本サービスを終了するときは、終了する3 ヶ月前までにその旨を通知あるいは告知します。

このページのTOPへ

第2章 契約

(契約の単位)
第7条 一つの本サービスに対し、それぞれファイアウォール管理サービス契約(以下、「本契約」といいます。)を締結するものとし、複数の本サービスを申し込む場合には、個々にサービス利用契約を締結するものとします。
2 当社は、業務上必要なときは、本規約の特約を定めることがあります。この場合、契約者は本規約と共に特約を遵守するものとします。
(契約期間)
第8条 本サービスの契約期間は第12条(契約の成立)に定める利用開始日から起算して、1年間あるいはそれ以上の期間とします。
2 ファイアウォール管理サービス(ライト)の最長契約期間は5年間とします。
(権利の譲渡等の制限)
第9条 本契約に関わらず、主たる「InfoSphere IPシリーズ」接続サービス利用契約の譲渡を当社が承諾した場合には、本契約から生じる契約上の地位および当社に対して負っている一切の債務についても、主たる「InfoSphere IP シリーズ」接続サービスで当社が譲渡を承諾した譲受契約者が承継するものとします。
2 契約者は、本条に定めるほか、当社の承諾なく、本サービスの提供を受ける権利を、第三者に譲渡もしくは貸与、または本サービスを第三者に利用させることはできません。
(非常事態時の利用の制限)
第10条 当社は、天災事変その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあるときは、本サービスの利用を制限する措置を取ることがあります。
(契約申込)
第11条 本サービスの利用申込は、当社が別途定める方法により行うものとします。
2 前項の利用申込にあたり、本人確認のための資料を提出していただく場合があります。
3 利用申込書その他当社に提出いただく資料に、公人情報を記載する場合には、当社に個人情報を提供することについて、本人に同意を得た上で記載するものとします。
4 契約者は、当社が、本サービスの提供に必要な範囲において、委託先等に契約者の情報を提供することを承諾するものとします。
5 当社は、次の各号に該当する場合には、契約の申し込みを拒絶することがあります。この場合において、当該拒絶があったときは、当社は、契約申込者に対し、その旨を通知します。
  1. サービスの提供が技術的に困難と思われるとき。
  2. 契約申込者が本サービス契約上の債務の支払いを怠るおそれがあるとき。
  3. 契約申込者が第1 項の本サービスの申込書にことさら虚偽の事実を記載したとき。
  4. 違法に、又は明らかに公序良俗に反する態様にて本サービスを利用するおそれがあるとき。
  5. 契約申込者が当社又は本サービスの信用を毀損するおそれがある態様で本サービスを利用するおそれがあるとき。
  6. 当社が提供する本サービスを直接又は間接に利用する者の当該利用に対し、支障を与える態様にて本サービスを利用するおそれがあるとき。
6 当社が申込を承諾しない場合には、当社は申込者に対しその旨を通知します。
(契約の成立)
第12条 当社が本サービスの申込を承諾した場合は、利用開始日を記載した書面により通知します。利用契約はこの利用開始日に成立します。
(サービス種類の変更)
第13条 契約者が、本サービス内容の変更を希望する場合は、当社が別途定める方法により変更を申込むものとします。
2 前項の申込を承諾した場合は、当社は契約者に対しその旨を通知します。
3 第1項の申込があった場合に、技術的に困難であるなど当社の業務遂行上支障があるときは、当社は申込を承諾しないことがあります。この場合は契約者にその旨を通知します。
(契約事項の変更)
第14条 契約者は、その名称又は住所に変更があったとき(相続及び法人の合併による場合を含みます。)は、当社に対し、速やかに当該変更の事実を証する書類を添えてその旨を届け出るものとします。
(契約者の地位の承継)
第15条 契約者である個人が死亡したとき利用契約は終了します。
2 契約者である法人が合併したとき、契約者はその旨をただちに当社に書面で通知するものとし、当社はその通知受領後30日以内に、当該承継法人に書面により通知をして利用契約を解除することができるものとします。当社が解除しなかった場合、承継した法人は利用契約に基づく一切の債務を承継するものとします。
(契約者が行う利用契約の解除)
第16条 契約者は、利用契約を解除するときは、当社に対し解除の日の1ヶ月前までに解除の旨及び解除するサービスなどを当社が別途定める書面により通知するものとします。この場合において、通知があった日から当該通知において解除の日とされた日までの期間が1ヶ月未満であるときは、解除の効力は当該通知があった日から1ヶ月を経過する日に生じるものとします。
(当社が行う利用契約の解除)
第17条 当社は、次に掲げる事由があるときは、本契約を解除することができるものとします。
  1. 第22条(提供停止)第1項各号の事由により、本サービスを停止した場合、停止の日から14 日以内にその原因が解消されないとき。
  2. 第22条(提供停止)第1項各号のいずれかの事由があり、当社の業務に著しい支障を及ぼすおそれがあるとき。
  3. 契約者と料金支払者が異なる場合において、料金支払者より、料金の支払停止の通告があり、契約者がそれ替わる料金支払方法を、当社が定める期間内に届け出ない場合。
  4. 当社が提供する他のサービスにおいて、利用規約違反により契約を解除されたとき。
2 当社は、第1 項の規定により本契約を解除するときは、契約者に対しあらかじめその旨を書面またはその他の方法で通知します。
3 解除により最低利用期間に満たない場合は、第26条(料金の精算)の規定を適用します。
(契約終了時の措置)
第18条 本契約が終了した場合、契約者は、当社の指示に従い当社の指定する期間内に当社より貸与されたものを返還するものとします。ただし、当社は契約者に通知して当社より貸与されたものを放棄することができるものとします。なお、この場合、当社は貸与されたものについて、品質の保証、トラブル、第三者からの苦情等、何ら責任を負わないものとします。
2 前項の期間内に、契約者が当社より貸与されたものを当社に返還しない場合、当社は契約者に対して、違約金を請求することができるものとします。
(機密保持)
第19条 契約者は、当社の事前の書面による承諾なくして、本サービスの利用にあたり当社から口頭又は書面を問わず開示されたアイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データなどの技術上、営業上、並びに業務上の一切の情報(以下「秘密情報」という。)を本サービス以外の目的に使用せず、また第三者に開示、漏洩しないものとします。
2 前項の規定にかかわらず、契約者が次の各号の一に該当することを立証し得た情報は、秘密情報には含まれないものとします。
  1. 開示され又は知得する以前に公知であった情報。
  2. 開示され又は知得する以前に自らが既に所有していた情報。
  3. 開示され又は知得した後、自らの責に帰さない事由により公知となった情報。
  4. 開示され又は知得した後、その秘密情報によらず自らの開発により知得した情報。
  5. 開示され又は知得した後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報。
(禁止行為)
第20条 契約者は当社が提供するファイアウォール機器を使用するにあたり、次の各号の行為を行ってはならないものとします。
  1. ファイアウォール機器を当社の承諾なく回線設置場所から移動すること。
  2. ファイアウォール機器を日本国外に持ち出すこと。
  3. ファイアウォール機器を譲渡または担保に供すること。
  4. ファイアウォール機器を転貸または売却して第三者に利用させること。
  5. ファイアウォール機器を分解、解析、改造、改変などして、引渡時の原状を変更すること。
  6. 有償、無償を問わず、プログラムの全部または一部の第三者への譲渡、使用権の設定、その他第三者に使用させること。
  7. プログラムの全部または一部を複製、改変、その他通信機器のソフトウェアに関する著作権その他の知的財産権を侵害する行為。
  8. その他、「InfoSphere IP シリーズ」接続サービスの利用規約において禁止している行為。
2 前項の規定に違反してファイアウォール機器を亡失または毀損した場合には、当社の職員または当社が指定するものが当該装置を復旧または修理するものとし、その費用は契約者が負担するものとする。また、復旧、修理が不可能である場合は当該装置の購入代価を損害賠償として負担するものとする。

このページのTOPへ

第3章 提供中止および提供停止

(提供中止)
第21条 当社は、当社の設備の保守、工事、または障害等やむをえないときには、本サービスの提供を中止することができるものとします。
2 本サービスの提供を中止するときは、当社は契約者に対し、その旨とサービス提供中止の期間を事前に通知します。ただし、緊急やむを得ないときはこの限りではありません。
(提供停止)
第22条 当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当するときは、本サービスを停止することがあります。
  1. 本契約上の債務の履行を怠ったとき。
  2. 違法に、または明らかに公序良俗に反する態様においてサービスを利用したとき。
  3. 第20条(禁止行為)の規定に違反したとき。
  4. 契約者が指定した支払口座等が、クレジット会社または収納代行会社または金融機関等により使用することができなくなったとき。
  5. 申し込みに当たって虚偽の事項を記載したことが判明したとき。
  6. 当社が提供するサービスの利用に関し、直接または間接に当社または第三者に対し、過大な負荷または重大な支障(設備やデータ等の損壊を含むがそれに限定されない)を与えたとき。
  7. その他、当社が不適切と判断する行為。
2 当社は、前項の規定により本サービスの提供を停止するときは、あらかじめその理由、提供停止をする日および期間を契約者に通知します。ただし、設備保全上必要な場合、当社または第三者の被害の拡大が予想される場合など緊急やむを得ない場合は、即時に停止を行い、事後に通知します。

このページのTOPへ

第4章 料金等

(初期料金)
第23条 契約者は、当社が本サービス利用の申込を承諾した時点で、料金表に定める初期料金をお支払いいただきます。
2 契約者は、本サービスの利用に伴い、当社の提供する有料オプションサービスの申込を承諾した時点で、別途定める額(初期料金があるときに限ります。)をお支払いいただきます。
(月額料金)
第24条 契約者は、利用開始日から起算して、当該サービスの提供を受けた最後の日までの期間について料金表に定める月額料金をお支払いいただきます。
2 契約者は、有料オプションサービスの利用を開始した日から起算して、当該サービスの提供を受けた最後の日までの期間について料金表に定める額をお支払いいただきます。
3 本サービスの料金の算出については第21条(提供中止)または第22条(提供停止)の規定により本サービスの提供が停止された場合における当該停止の期間であっても、当該サービスの提供があったものとして取り扱うものとします。
(その他の料金)
第25条 当社が提供する本サービスに関するその他の料金は、料金表に定める額とします。
(料金の精算)
第26条 契約者は、利用期間が1年を経過する日より前に解除またはサービス種類の変更等で、月額料金に変更が生じた場合は、当該解除等の次の日から当該最低利用期間の末日までの期間に対応する月額料金の差額(残額がある場合に限ります。)の全額を一括して支払うものとします。
(月額料金の請求)
第27条 当社は、契約者に対し、本サービスおよび有料オプションサービス(以下、「本サービス等」とします。)の月額料金について、次項から第4 項までの場合を除き、毎月、暦月に従って計算した額の料金を請求します。
2 本サービスの料金の課金開始日は利用開始日の翌月1日とします。ただし利用開始日が暦月の初日の場合は利用開始日を 課金開始日とします。
3 サービス種類の変更の日が暦月の末日以外の日であった場合における当該月の本サービスの料金の額は(第26条(料金の精算)の規定で精算した場合を除きます。)、当該月における当該変更前および変更後の本サービスを提供した期間に対応する料金の額とします。
4 契約の解除の日が暦月の末日以外の日であった場合における当該月の本サービス等の料金の額は(第26条(料金の精算)の規定で精算した場合を除きます。)、当該月における本サービス等を提供した期間に対応する額とします。
(初期料金の請求)
第28条 当社は、契約者に対し、本サービス等の当該月における初期料金について、第23条(初期料金)の規定により算出した額を、第27条(月額料金の請求)の規定により算出した月額料金と合算して請求します。
(料金等の請求方法)
第29条 当社は、本サービスの料金を、主たる「InfoSphere IP シリーズ」接続サービス利用料金と合算して請求を行い、「InfoSphere IP シリーズ」接続サービス申込時の契約者の申請により当社が承諾した口座振替および銀行振込のいずれかの方法により支払うものとします。なお、支払に関する細部条項は契約者と収納代行会社、金融機関等との契約条項または当社が指定する期日、方法によります。また、契約者と当該収納代行会社、金融機関等の間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとします。
(割増金)
第30条 料金等の支払を不法に免れた契約者は、その免れた額の他、その免れた額に相当する額を割増金として、当社が指定する期日までに支払うこととします。
(延滞利息)
第31条 契約者が、料金その他の債務(延滞利息は除きます。)について支払期日を経過してもなお支払がない場合、当該契約者は、支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算して得た額を、延滞利息として当社が指定する期日までに支払うこととします。
(割増金等の支払方法)
第32条 第30条(割増金)および第31条(延滞利息)の支払については、当社が指定する方法により支払うものとします。
(消費税)
第33条 契約者が当社に対し本サービスにかかる債務を支払う場合において、消費税法及び地方消費税法並びにこれらの法律に関連する法令の規定により、当該支払について消費税および地方消費税が賦課されるものとされているときは、契約者は、当社に対し、当該債務を支払う際に、これに対する消費税および地方消費税相当額を併せて支払うものとします。
(端数処理)
第34条 当社は料金その他の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
(集金代行の委託)
第35条 契約者は、本サービスの料金等の入金案内について、当社が当該債権の入金案内業務を、集金代行業務を行なう会社へ委託することを、予め承諾するものとします。

このページのTOPへ

第5章 損害賠償

(損害賠償の範囲)
第36条 本サービスは契約者のコンピュータネットワークへのすべての侵入を防止することを保証するものではありません。
2 当社は次の各号に規定する損害について、当社の故意または重大な過失に帰すべき事由による場合を除き、一切の責任を負わないものとする。
  1. データ損失による損害、ネットワーク停止による業務中断、その他の事故による損害。
  2. 不正アクセスやウィルス、DoS 攻撃等によって被った損害。
3 当社は本サービスを提供すべき場合において、当社の責に帰すべき理由により、契約者に対しファイアウォール機能を全く提供し得なかったとき(全く利用できない状態と同程度となる場合を含みます。以下、「利用不能状態」といいます。)は、当該状態が生じたことを当社が知った時刻から起算して連続して72時間以上本サービスを利用できなかったとき、または1料金月に合計120時間以上本サービスが利用できなかったときに限り、契約者からの請求により、損害の賠償をします。
4 前項の場合において、当社は、本サービスが利用不能状態にあることを当社が知ったときから連続して72時間以上の時間(以下、「利用不能時間」といいます。)当該状態が継続したときは、その料金月における月額料金額を上限として、利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は、切り捨てます。)に月額料金の30分の1を乗じて算出した額を損害とみなします。ただし、契約者が当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者はその権利を失うものとします。
(免責事項等)
第37条 当社は、本サービスの提供に起因して、契約者または第三者が損害を負うことがあっても、結果的損害、付随的損害、および逸失利益を含め、いかなる理由があろうとも、第35条(損害賠償の範囲)に規定する責任以外には、一切の賠償責任を負わないものとします。
2 当社は、本サービスの提供によって生じた結果および本サービスにしたがって行った行為の結果について、いかなる理由があろうとも、一切の責任を負わないものとします。
3 当社は、本サービスの内容が、契約者の特定の目的に適合すること、期待する機能を有していること、不具合や故障を生じないことを含め、本サービスに関して、明示的にも黙示的にもその完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も一切行わないものとします。
4 本サービスの利用に関連して、契約者が他の契約者もしくは第三者に対して損害を与えた場合または契約者が他の契約者もしくは第三者と紛争が生じた場合、契約者は自己の費用と責任で解決するものとし、当社に何らの迷惑または損害を与えないものとします。
5 契約者が本サービスの利用にあたり第三者に損害を与えた場合、当社が、当該第三者に損害の賠償をしたときは、当社は契約者に対し当該賠償について求償することができるものとします。
(お客さま情報の保護)
第38条 当社は、本契約に関連し、知り得た契約者の技術上、営業上またはその他の業務上の情報(以下「お客さま情報」といいます。)を、当社が別に定め公表する「個人情報保護方針」に記載された利用目的のほか契約者に同意を得た範囲内でのみ利用するものとします。
2 当社は、お客さま情報を、個人情報と同等の安全管理措置を講じて保護するものとします。
3 当社は、お客さま情報を、本利用規約に明示された場合または法律上開示が認められる場合(正当防衛、緊急避難等を含む。)を除き、第三者に開示、提供しないものとします。

このページのTOPへ

第6章 雑則

(管轄裁判所)
第39条 契約者と当社との間で本サービスの利用に関連して紛争が生じた場合は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
(準拠法)
第40条 本契約の解釈、適用、履行については、特別の定めがない限り、日本法を適用します。
(技術的条件)
第41条 本サービスにおける基本的な技術事項は、別紙のとおりとします。

付則

この利用規約は、平成28年8月25日から改定実施します。

このページのTOPへ

【ファイアウォール管理サービス 料金表】

シングル構成

(税別)

  ファイアウォール管理サービス(A) ファイアウォール管理サービス(B) ファイアウォール管理サービス(C) ファイアウォール管理サービス(D) ファイアウォール管理サービス(E) ファイアウォール管理サービス(ライト)
初期
料金*1
- - - 120,000円 120,000円 90,000円
初期
料金*2
- - - 180,000円 180,000円 180,000円
月額
基本料
60,000円 120,000円 40,000円 60,000円 120,000円 14,800円

※ファイアウォール管理サービス(A)、ファイアウォール管理サービス(B)、ファイアウォール管理サービス(C)は新規販売を終了しました。

※ファイアウォール管理サービス(C)~ファイアウォール管理サービス(E)については、クロスセンドバック保証(代替品の先出し:営業日9:00-17:30 対応)が含まれています。

※ファイアウォール管理サービス(ライト)については、クロスセンドバック保証(代替品の先出し:営業日9:00-12:00対応分当日発送)が含まれています。

*1 導入設置時における対応が、営業日(休日を除く月曜日から金曜日)の9:00-17:00 のオンサイトの場合。

*2 導入設置時における対応が、上記時間外のオンサイトの場合。

CS(コールドスタンバイ)構成

(税別)

  ファイアウォール管理サービス(A) ファイアウォール管理サービス(B) ファイアウォール管理サービス(C) ファイアウォール管理サービス(D) ファイアウォール管理サービス(E) ファイアウォール管理サービス(ライト)
初期
料金*1
- - - 165,000円 165,000円 -
初期
料金*2
- - - 250,000円 250,000円 -
月額
基本料
100,000円 200,000円 60,000円 90,000円 180,000円 -

※ファイアウォール管理サービス(A)、ファイアウォール管理サービス(B)、ファイアウォール管理サービス(C)は新規販売を終了しました。

※ファイアウォール管理サービス(ライト)では未提供となります。

※ファイアウォール管理サービス(C)~ファイアウォール管理サービス(E)については、クロスセンドバック保証(代替品の先出し:営業日9:00-17:00 対応)が含まれています。

*1 導入設置時における対応が、営業日(休日を除く月曜日から金曜日)の9:00-17:30 のオンサイトの場合。

*2 導入設置時における対応が、上記時間外のオンサイトの場合。

AS(アクティブスタンバイ)構成

(税別)

  ファイアウォール管理サービス(A) ファイアウォール管理サービス(B) ファイアウォール管理サービス(C) ファイアウォール管理サービス(D) ファイアウォール管理サービス(E) ファイアウォール管理サービス(ライト)
初期
料金*1
165,000円 165,000円 -
初期
料金*2
250,000円 250,000円 -
月額
基本料
102,000円 214,000円 -

※ファイアウォール管理サービス(A) ~ファイアウォール管理サービス(C)、ファイアウォール管理サービス(ライト)では未提供となります。

※ファイアウォール管理サービス(D)~ファイアウォール管理サービス(E)については、クロスセンドバック保証(代替品の先出し:営業日9:00-17:00 対応)が含まれています。

*1 導入設置時における対応が、営業日(休日を除く月曜日から金曜日)の9:00-17:30 のオンサイトの場合。

*2 導入設置時における対応が、上記時間外のオンサイトの場合。

オプションサービス料金

(税別)

  ファイアウォール管理サービス(C) ファイアウォール管理サービス(D) ファイアウォール管理サービス(E) ファイアウォール管理サービス(ライト)
FortiGurd(アンチウィルス)月額料金 2,000円 4,000円 8,000円 標準提供
ウィルスブロックレポート月額料金 8,000円 10,000円 17,000円 標準提供
FortiGurd(Webフィルタリング)月額料金 3,000円 6,000円 16,000円 標準提供
機器オンサイト保守加算額(月額料金)*1 2,000円 3,000円 7,000円 -
機器拡張オンサイト保守加算額(月額料金)*2 3,000円 5,000円 12,000円 -

※ファイアウォール管理サービス(A) 、ファイアウォール管理サービス(B)では未提供となります。

※ファイアウォール管理サービス(ライト)では機器オンサイト保守、機器拡張オンサイト保守は未提供となります。

※FortiGurd(アンチウィルス)、FortiGurd(Web フィルタリング)を導入される際の「初期料金」については、別途算定します。

※FortiGurd(アンチウィルス)、FortiGurd(Web フィルタリング)をファイアウォール管理サービス(C)~ファイアウォール管理サービス(E)のCS/AS構成で利用する場合は、上記料金の2倍となります。

*1 対応が、営業日(休日を除く月曜日から金曜日)の9:00-17:00 のオンサイトとなります。(CS/AS 構成の場合は、2倍となります。)

*2 対応が、24 時間365 日の拡張オンサイトとなります。(CS/AS 構成の場合は、2倍となります。)

その他の料金

(税別)

項目 料金 備考
設置場所変更料金 25,000 円 利用設置場所(住所)変更に伴う事務手数料。*1
ファイアウォール設定変更料金 別に算定する料金 1年間に3回を超える設定変更を行った場合、4回目以降にかかる作業費。*2
ファイアウォール設定変更料金 5,000円 1ヶ月間に3回を超える設定変更を行った場合、4回目以降、1回ごとにかかる作業費。*3
ファイアウォールポリシーコンサルティング料金 50,000 円 ファイアウォールポリシーを決定する際の、当社SE担当がサポートを行う場合の手数料。*4

*1 設置場所を変更する際は、原則、お客さま自身で機器を移動していただきます。新設置場所で、当社オンサイトの機器設置作業を行う場合は、別途、オンサイト作業費用がかかります。

*2 無償でのファイアウォール設定変更は年間3回までとなります。設定変更は、リモートによる作業となります。

*3 無償でのファイアウォール設定変更は月間3回までとなります。設定変更は、リモートによる作業となります。

*4 ご希望によりオンサイトでサポートを行います。オンサイトの場所により、別途、交通費を請求させていただく場合があります。

このページのTOPへ

別紙

【「ファイアウォール管理サービス」技術的事項】
責任の分界点
ファイアウォール管理サービス利用時においては、当社が設置するファイアウォール機器と契約者の設置する構内ネットワークはイーサネットで接続されるものとし、責任分界点はファイアウォール機器とイーサネットとの接続点とします。
ただし、契約者が設置するネットワーク接続装置を介して当社が設置するファイアウォール機器を接続する場合は、契約者が設置するネットワーク接続装置の正常性が確認されたときのみ前項を準用するものとします。
Ping 監視
当社は、当社が設置するファイアウォール機器が正常に動作していることを確認するため、ネットワークを経由してPingコマンドを実施します。契約者が設置するネットワーク接続装置を介して当社が設置するファイアウォール機器を接続する場合は、そのネットワーク接続装置を当社ネットワークからファイアウォール機器の接続点までICMPのエコーリプライを受け取ることができる状態にする必要があります。
インターフェース条件
電気的・論理的条件 接続コネクタ
IEEE802.3 10Base-T あるいはIEEE802.3u 100Base-TX あるいはIEEE 802.3ab 1000Base-T ISO 標準8877 8 ピンモジュラジャック(RJ-45)
サービスに関するお問い合わせ

サービス全般、事務手続き、ご利用料金のご案内、メールの設定方法などはこちらから。

お問い合わせ/資料請求 料金シミュレーション
オンラインお申し込み

このページのTOPへ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求・料金シミュレーション

お申し込み

工事・故障・災害情報

工事・故障・災害情報モバイルページ