HOMEお客さまサポート設定ガイドメールソフト設定 > Mozilla Thunderbird 2.0 (Mac OS X)

お客さまサポート

Mozilla Thunderbird 2.0 (Mac OS X)

※ Mac OS X 10.5 (Version 10.5.4)およびMozilla Thunderbird 2.0をご利用の場合の設定方法となります

※ 送信・受信ともにInfoSphereのメールサーバをご利用の場合の設定方法となります。

※ 文中では、お客さまのメールアドレス、メールアカウント名および送信メールサーバ名/受信メールサーバ名を以下のものとして説明しています。実際に設定を行われる際にはお客さまのメールアドレス、サーバ名等に置き換えて設定を行ってください。

お客さまメールアドレス nttpc@***.sphere.ne.jp
メールアカウント名 nttpc
パスワード お客さまがご指定のメールパスワード
送信メールサーバ名 ***.sphere.ne.jp
受信メールサーバ名 ***.sphere.ne.jp
1.Thunderbirdを起動します。

2.初めて起動する場合は以下の画面が表示される場合があります。
ここでは新規設定を作成しますので、[設定をインポートしない]にチェックを入れ、 [次へ]をクリックします。
(既存のメールソフトから設定やデータを引き継ぐ場合の設定については、開発元のサイトなどをご参照ください)

3."アカウントの種類"の画面が表示されます。
[メールアカウント]をチェックし、[続ける]をクリックします。

4."差出人情報"画面で以下の設定を行います。

[あなたの名前(Y)]: 「任意の名称」を入力 (例:InfoSphere)
※ここで設定した名前が「メールの差出人」として使用されます。
[メールアドレス(E)]: 「InfoSphereが提供するメールアドレス」を入力 (例:nttpc@***.sphere.ne.jp)

設定が完了したら、[続ける]をクリックします。

5."サーバ情報"画面で以下の設定を行います。

[メール受信サーバの種類を選択してください。]: 「POP」を選択
[メール受信サーバ(S)]: 「InfoSphereが提供する受信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)
[共通受信トレイを使用する("ローカルフォルダ"にメールを保存)]: お好みに応じて設定
[メール送信サーバ]: 「InfoSphereが提供する送信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)

設定が完了したら、[続ける]をクリックします。

6."ユーザID"画面で以下の設定を行います。

[受信サーバのユーザ名] 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)
[送信サーバのユーザ名] 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)

設定が完了したら、[続ける]をクリックします。

7."アカウント名"画面で以下の設定を行います。

[アカウント名(A)]: 「任意の名称」を入力 (例:nttpc@***.sphere.ne.jp) ※ここで設定した名前が「メールの設定名」として使用されます。

設定が完了したら、[続ける]をクリックします。

8."設定完了"画面が表示されます。
設定内容を確認したらオプションで[今すぐメッセージをダウンロード]のチェックを外し、[完了]をクリックします。

9.お客さまの環境によっては以下のようなメッセージが表示される場合があります。
Thunderbirdを標準のメールソフトとして使用する場合には[はい]を、使用しない場合には[いいえ]をそれぞれクリックします。
また今後このメッセージを表示させないようにするには、[このダイアログを再び表示しない]をチェックしておきます。

10.完了後、Thunderbirdが起動します。
"このアカウントの設定を表示する"をクリックします。

11."アカウント設定"画面が表示されます。
画面左の[送信(SMTP)サーバ]をクリックします。

12.送信サーバ名(例:***.sphere.ne.jp)を選択し、[編集]をクリックします。

13.以下の設定を行います。

設定 -----

[説明(D)]: 空欄 (必要に応じて説明を入力してください)
[サーバ名]: 「InfoSphereが提供する送信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)
[ポート番号]: 「587」と入力 (規定値の 25 から変更する)

セキュリティと認証 -----

[ユーザ名とパスワードを使用する]: チェックする
[ユーザ名]: 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)
[保護された接続を使用する]: 「いいえ」をチェック

設定を行ったら[OK]をクリックします。。

14.アカウント設定の画面に戻ります。
[OK]をクリックします。

完了をクリック後、Thunderbirdの画面に戻ります。
以上で設定は完了です。

これは「SMTP認証(SMTP Authentication)」で必要なパスワード確認のメッセージとなります。

このメッセージが表示された場合、パスワード入力欄に「InfoSphereが提供するメールアカウントに対するパスワード(お客さまがご指定のパスワード)」を入力し、[OK]ボタンをクリックしてください。

(メール送信時の認証を自動で行う場合、パスワードの入力後、[パスワードマネージャでこのパスワードを保存する。]にチェックを入れた状態で[OK]ボタンをクリックしてください)

このページのTOPへ