HOMEお客さまサポート設定ガイドメールソフト設定 > Becky! Internet Mail Ver.2

お客さまサポート

Becky! Internet Mail Ver.2

※ Becky! Internet Mail Ver.2 (version 2.24.02 [ja]) をご利用の場合の設定方法となります。

※ 送信・受信ともにInfoSphereのメールサーバをご利用の場合の設定方法となります。

※ 文中では、お客さまのメールアドレス、メールアカウント名および送信メールサーバ名/受信メールサーバ名を以下のものとして説明しています。実際に設定を行われる際にはお客さまのメールアドレス、サーバ名等に置き換えて設定を行ってください。

お客さまメールアドレス nttpc@***.sphere.ne.jp
メールアカウント名 nttpc
パスワード お客さまがご指定のメールパスワード
送信メールサーバ名 ***.sphere.ne.jp
受信メールサーバ名 ***.sphere.ne.jp
1.Becky! Internet Mail Ver.2を起動します。

2.インストール後初めて起動した場合、設定画面が表示されます。
[基本設定]タブの内容を以下のように設定します。

[メールボックス名(X)]: 「任意の名称」を入力 (例:InfoSphere)

個人情報 -----

[名前(N)]: 「メールの差出人」としてい設定する名前を入力 (例:InfoSphere)
[メールアドレス(A)]: 「InfoSphereが提供するメールアドレス」を入力 (例:nttpc@***.sphere.ne.jp)

サーバー情報 -----

[受信プロトコル(T)]: 「POP3」を選択
POP3サーバー(受信)(M)]: 「InfoSphereが提供する受信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)
[SMTPサーバー(送信)(S)]: 「InfoSphereが提供する送信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)
[ユーザーID(U)]: 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)
[パスワード(P)]: お客さまがご指定された「メールパスワード」を入力
[認証方式(H)]: 「標準」を選択

受信したメールをサーバに残す場合には[受信メールをサーバーに残す(L)]をチェックします。

※受信したメールをサーバに残す設定を行うと、一度受信したメールを他のメールソフトで再度受信することが可能ですが、メールボックスの容量(最大10MB)をオーバーする可能性もあります。通常は上記項目を設定しないことをお勧めします。設定を行った際にはメールボックスの容量にご注意ください。

設定が完了したら、[接続]タブをクリックします。

3.[接続]タブの内容を接続環境にあわせて設定します。
(画面はダイヤルアップ接続の場合)

4.[詳細]タブの内容を以下のように設定します。

サーバーのポート番号 -----

[SMTP]: 「587」と入力 (標準値の 25 から変更する)

※「Norton AntiVirus」や「ウイルスバスター」などのセキュリティソフトをご利用の際、送信メールサーバーのポート番号を変更した後、メール送信時のウイルススキャンが正常に行われなくなる場合があります。 この場合、メール送信時のウイルススキャンを「ポート番号:587」で行うよう、各セキュリティソフトの設定を変更してください。
設定の変更方法につきましては各セキュリティソフトの取扱説明書等をご覧ください。

SMTP認証 -----

[SMTP認証]: チェックする
[CRAM-MD5]: チェックする
[LOGIN]: チェックする
[ユーザーID(U)]: 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)
[パスワード(P)]: お客さまがご指定された「メールパスワード」を入力

設定を行ったら[OK]ボタンをクリックします。
以上でBecky! Internet Mail Ver.2の設定は完了です。

このページのTOPへ