HOMEお客さまサポート設定ガイドメールソフト設定 > Windows メール

お客さまサポート

Windows メール

※ Windows メール (6.0.6000.16386(vista_rtm.061101-2205)) をご利用の場合の設定方法となります。

※ 送信・受信ともにInfoSphereのメールサーバをご利用の場合の設定方法となります。

※ 文中では、お客さまのメールアドレス、メールアカウント名および送信メールサーバ名/受信メールサーバ名を以下のものとして説明しています。実際に設定を行われる際にはお客さまのメールアドレス、サーバ名等に置き換えて設定を行ってください。

お客さまメールアドレス nttpc@***.sphere.ne.jp
メールアカウント名 nttpc
パスワード お客さまがご指定のメールパスワード
送信メールサーバ名 ***.sphere.ne.jp
受信メールサーバ名 ***.sphere.ne.jp
1.スタートメニューからWindows メールを起動します。

2."Windows メール"の画面が表示されます。
[ツール(T)]メニューから[アカウント(A)]をクリックします。

3."インターネットアカウント"の画面が表示されます。
 [追加(A)]ボタンをクリックします。

4.[電子メールアカウント]を選択し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

5. [表示名(D)]に「任意の名称 (例:InfoSphere)」を入力し、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

※ここで設定した名前が「メールの差出人」として使用されます。

6. "インターネット電子メールアドレス"画面で以下の設定を行います。

[電子メールアドレス(E)]: 「InfoSphereが提供するメールアドレス」を入力
(例:nttpc@***.sphere.ne.jp)

設定が完了したら、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

7. "電子メールサーバーのセットアップ"画面で以下の設定を行います。

[受信メールサーバーの種類(S)]: 「POP3」を選択
[受信メール(POP3、IMAPまたはHTTP)サーバー(I)]: 「InfoSphereが提供する受信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)
[送信メール(SMTP)サーバー(O)]: 「InfoSphereが提供する送信メールサーバ名」を入力 (例:***.sphere.ne.jp)

設定が完了したら、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

8. "インターネットメールログオン"画面で以下の設定を行います。

[ユーザー名(A)]: 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)
[パスワード(P)]: お客さまがご指定された「メールパスワード」を入力
[パスワードを保存する(W)]: お好みに応じて設定

設定が完了したら、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

9. [完了(F)]ボタンをクリックします。

10. "インターネットアカウント"画面に戻ります。
「7.で設定したサーバー名(例:***.sphere.ne.jp)」を選択し、[プロパティ(P)]ボタンをクリックします。

11. [サーバー]タブをクリックします。

12. [サーバー]タブの設定内容を確認します。

サーバー情報 -----

[受信メールサーバーの種類(M)]: 「POP3」となっていることを確認
[受信メール (POP3)(I)]: 「InfoSphereが提供する受信メールサーバ名」となっていることを確認 (例:***.sphere.ne.jp)
[送信メール(SMTP)(U)]: 「InfoSphereが提供する送信メールサーバ名」となっていることを確認 (例:***.sphere.ne.jp)

受信メールサーバー -----

[ユーザー名(A)]: 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」となっていることを確認 (例:nttpc)
[パスワードを保存する(W)]: お好みに応じて設定
[セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S)]: チェックしない

送信メールサーバー -----

[このサーバーは認証が必要(V)]: チェックする

設定確認後、"送信メールサーバー"の右側にある[設定(E)]ボタンをクリックします。

13. "送信メールサーバー"画面で以下の設定を行います。

[次のユーザー名とパスワードでログオンする(O)]: チェックする
[ユーザー名(E)]: 「InfoSphereが提供するメールアカウント名」を入力 (例:nttpc)
[パスワード(P)]: お客さまがご指定された「メールパスワード」を入力
[パスワードを保存する(W)]: お好みに応じて設定
[セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S)]: チェックしない

設定を行ったら[OK]ボタンをクリックします。

14. [接続]タブをクリックします。

15. お使いの環境に合わせ設定を行います。

[このアカウントには次の接続を使用する(U)]: お好みに応じて設定

※Windows メールでダイヤルアップ接続に使用する設定を、インターネットオプションで選択したものと別にする場合、チェックを入れて接続の名称を選択します。
設定を行ったら[詳細設定]タブをクリックします。

16.[詳細設定]タブ内の"サーバーのポート番号"を以下のように設定します。(その他の項目は特に変更の必要はありません)

サーバーのポート番号 -----

[送信メール (SMTP)(O)]: 「587」と入力 (規定値の 25 から変更する)
[このサーバーはセキュリティで保護された認証(SSL)が必要(Q)]: チェックしない
[受信メール (POP3)(I)]: 「110」と入力 (規定値を変更しない)
[このサーバーはセキュリティで保護された認証(SSL)が必要(C)]: チェックしない

※「Norton AntiVirus」や「ウイルスバスター」などのセキュリティソフトをご利用の際、送信メールサーバーのポート番号を変更した後、メール送信時のウイルススキャンが正常に行われなくなる場合があります。
この場合、メール送信時のウイルススキャンを「ポート番号:587」で行うよう、各セキュリティソフトの設定を変更してください。
設定の変更方法につきましては各セキュリティソフトの取扱説明書等をご覧ください。

設定を行ったら[OK]ボタンをクリックします。

17."インターネットアカウント"画面に戻ります。
[閉じる]ボタンをクリックします。

18. 「オプション」のタブをクリックします。

 

以上でWindows メールの設定は完了です。

このページのTOPへ