HOMEお客さまサポート設定ガイド「フレッツ」接続設定 > フレッツ接続ツール(Windows用v3.0.0/v3.1.0)

お客さまサポート

「フレッツ」接続ツール(Windows用v3.0.0/v3.1.0)

※Microsoft Windows 2000 Professional および「フレッツ」接続ツール(NTT 東日本/ v3.0.0)をご利用の場合の設定方法となります。
※ Windows 2000以外のOS(Windows Me/ Windows 98など)でも設定内容は同一です。
※ NTT 東日本とNTT 西日本では、ツールの画面デザインが異なることがありますが、設定内容は同一です。 (以下の設定例では、NTT東日本提供の「フレッツ接続ツール/ v3.0.0」を使用しています)
※「フレッツ接続ツール/ v3.1.0」でも同様の設定となります。

1.デスクトップの[フレッツ接続ツール]アイコンをダブルクリックします。

2.[新規プロファイルの作成]をダブルクリックします。
(または[ネットワークタスク]の[新規接続の作成]をクリックします)

3."プロファイル ウィザード"が表示されます。
以下の設定を行います。

[新しいプロファイル名を入力します。]:
  「任意の名称」を入力(例:InfoSphere)

設定が完了したら、[次へ >]ボタンをクリックします。

4.以下の設定を行います。

[この接続のユーザー名の入力]:
  「ネットワークID」を入力(例:is*******@***.sphere.ne.jp)

[この接続のパスワードの入力]:
お客さまがご指定された「ネットワークパスワード」を入力

[パスワードの再入力]:
  お客さまがご指定された「ネットワークパスワード」を入力 設定が完了したら、[次へ >]ボタンをクリックします。

5.[完了]ボタンをクリックします。

6."接続先"ウィンドウに「3.で設定した名称( 例:InfoSphere)」のアイコンが作成されます。
このアイコンを右クリックし、表示されたメニューから[プロパティ(P)]を選択します。

7.[ユーザー名]と[パスワード]が入力されていることを確認し、[TCP]タブをクリックします。

※[パスワード]はセキュリティのため「*(アスタリスク)」で表示されます。
※ パスワードを保存する場合、[パスワードを保存する]にチェックを入れます。

8.以下の設定を行います。

[IP アドレスを自動的に取得]を選択
[DNS/NBNS サーバーアドレスを自動的に取得]を選択

[リモートネットワークのデフォルトゲートウェイを使用します]:チェックする
設定が完了したら、[OK]ボタンをクリックします。

9.接続試験を行います。
"接続先"ウィンドウに作成した「3.で設定した名称(例:InfoSphere)」のアイコンをダブルクリックします。 (またはアイコンをクリックした後[ネットワークタスク]の[この接続の開始]をクリックします)

10.正常に接続が完了すると画面下部の"ステータス"に「~ 正常に接続されました。」とのメッセージが表示されます。
「3.で設定した名称(例:InfoSphere)」のアイコンを右クリックし、メニューから[切断(D)]を選択します。(またはアイコンをクリックした後[ネットワークタスク]の[この接続の終了]をクリックします)
以上で設定は完了です。

このページのTOPへ