HOMEオプション > DNSアウトソーシングサービス サービス比較と注意点

オプション

固定IP VPN 専用線 光アクセス プラスアクセス フレッツ DNSアウトソーシングサービス

サービス仕様と注意点

InfoSphere IP DNSアウトソーシングサービスの仕様と注意点については、以下をご覧ください。

当社で用意するネームサーバの情報

名前 IPアドレス
asns1.customer.ne.jp 210.150.254.86
asns2.customer.ne.jp 210.150.254.94

※ 本ネームサーバは、ゾーンを保有する専用サーバです。リゾルバの機能を有しておりませんので、名前解決を行う『参照用DNS』として、PCクライアントやメールサーバのDNS設定欄(リゾルバ)に記述されないようお願い申し上げます。

本サービスで編集できるレコードの種類

  レコードの種類  ゾーン  意味 
資源レコード SOA  共通  Start Of Authority。ゾーン全体を定義するレコード。TTLとRNAME(メールアドレス)のみ編集可能となります。 
NS  共通  Name Server。ドメインのゾーン情報が登録されているDNSサーバを指定するレコード。ゾーン名(ルートドメイン)は権限移譲不可となります。 
正引き  Address。ホスト名(NAME)とIPアドレス(IPv4)の関連付けを定義するレコード。 
AAAA  正引き  Quad Address。左辺のホスト名(NAME)に付与したIPv6のIPアドレスを右辺(VALUE)に指定します。 
MX  正引き  Mail eXchanger。ホスト名とメールサーバーの関連付けを定義するレコード。 
CNAME  正引き  Canoncial NAME。ホスト名(NAME)の別名を指定するレコード。 
TXT  正引き  TeXT。ホスト名(NAME)に関連付けるテキスト情報(文字列)を定義するレコード。 
SRV  正引き  ホスト名(NAME)に対するサービスのロケーションを定義するレコード。 
SPF  正引き  Sender Policy Framework。送信ドメイン認証のこと。 
AFSDB  正引き  Andrew File System Database 
PTR  逆引き  PoinTeR。左辺のIPアドレス(第4オクテット部分の数値を記述)を付与したホストを右辺に指定します。 

※ 右辺にホスト名を記述する場合は、そのホストの本名(実際に設定した名前)を「F.Q.D.N.」で記述します。

このページのTOPへ

本サービスでお受けできないゾーンおよびレコード

このページのTOPへ

コントロールパネルの情報

(1)コントロールパネルのURL:別途開通時にお客さまへご案内します。

(2)正引きゾーンレコード

(3)逆引きゾーンレコード

(4)RFC3330に規定するIPアドレスの入力拒否

(5)編集したファイルのネームサーバに反映されるまでの時間:即時

サービスに関するお手続き

InfoSphereサービスに関するオンラインでの手続き、お申し込みはこちらから。


サービスに関するお問い合わせ

サービス全般、事務手続き、ご利用料金のご案内、メールの設定方法などはこちらから。

お問い合わせ/資料請求 料金シミュレーション
オンラインお申し込み

このページのTOPへ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求・料金シミュレーション

お申し込み

工事・故障・災害情報

工事・故障・災害情報モバイルページ