HOME最新情報 > InfoSphere ダイヤルアップ接続 ダイナミックタイプにおける接続可能アクセスラインの変更について

最新情報

InfoSphere ダイヤルアップ接続 ダイナミックタイプにおける接続可能アクセスラインの変更について

 日頃からInfoSphereをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 InfoSphere ダイヤルアップ接続 ダイナミックタイプにおける接続可能なアクセスラインのうち、AIR-EDGE、PHS(PIAFS)、およびISDNでの接続を以下 の通り終了いたします。
 ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

1. ダイヤルアップ接続ダイナミックタイプの利用可能アクセスラインについて

InfoSphere ダイヤルアップ接続 ダイナミックタイプの利用可能アクセスラインにおいて、以下の通り変更になります。

●対象コース
InfoSphere ダイヤルアップ接続 ダイナミックタイプ
●利用可能アクセスライン
<現在>
アナログ接続
AIR-EDGE[PRO]
AIR-EDGE
携帯電話
ISDN
PHS(PIAFS)
FOMA(パケット通信)

  ↓

<2018年4月1日以降>
アナログ接続 ※
携帯電話
ISDN
FOMA(パケット通信)

  ↓

<2020年10月1日以降>
アナログ接続 ※
携帯電話
FOMA(パケット通信)

※2018年4月より、アナログ接続対応アクセスポイントは国内共通アクセスポイントのみとなります。都道府県エリア別のアクセスポイントはご利用になれません。

2. お問い合わせについて

InfoSphereインフォメーションセンター

・メールでのお問い合わせ
staff@sphere.ad.jp

・お電話でのお問い合わせ
0120-85-4588 (9:30-18:00 土日祝日・年末年始を除く)

2017年4月28日

最新情報トップにもどる

このページのTOPへ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求・料金シミュレーション

お申し込み

工事・故障・災害情報

工事・故障・災害情報モバイルページ