HOME最新情報 > World IPv6 Launchの実施に伴う弊社での対策(AAAAフィルタ)について

最新情報

World IPv6 Launchの実施に伴う弊社での対策(AAAAフィルタ)について

平素よりInfoSphereをご利用くださいまして誠にありがとうございます。
インターネットサービスプロバイダーやWebサービス事業者、ネットワーク機器を提供するベンダなどが「恒久的に」IPv6を有効にしようという世界的なイベント「World IPv6 Launch」が2012年6月6日(日本時間の午前9時から)に実施されます。
この「World IPv6 Launch」の実施に伴って、特定のウェブページ(サイト)を閲覧することができないなどの事象が発生する可能性があります。
このため弊社では予測される事象の発生を回避することを目的に、現在提供しております参照DNSサーバに「AAAAフィルタ」を適用しております。


<「World IPv6 Launch」とは>

World IPv6 DayはInternet Society(ISOC)の提供で世界的イベントで、インターネットサービスプロバイダー(ISP)やWebサービス事業者、ネットワーク機器を提供するベンダなどが「恒久的に」IPv6を有効にするものです。
2011年6月8日に行われた「World IPv6 Day」が24時間限定でIPv6に対応してみるという取り組みだったのに対し、World IPv6 Launchでは、それ以降もIPv6対応を継続するものになります。

World IPv6 Launchについて詳細につきましては以下をご参照ください。

http://www.worldipv6launch.org/(英語)
http://www.attn.jp/worldipv6launch/(日本語)


<「World IPv6 Launch」において発生することが想定される事象について>

NTT東日本およびNTT西日本が提供しております「フレッツ」回線の一部サービス(※1)にはIPv6の閉域網(プライベートネットワーク)が利用されており、ご利用の環境によってはIPv4とIPv6の双方に対応したサーバに対してアクセスをすると、その閉域網から払い出されているIPアドレスを利用してインターネット(グローバルネットワーク)にアクセスしようとしてしまいます。
このためウェブページへのアクセス(閲覧)が失敗してしまったり、また表示されるまでに相当の時間を要してしまうなどの事象が発生する可能性(※2)があります。

※1: IPv6の閉域網を利用する一部サービスについて
・「Bフレッツ」
・「フレッツ 光ネクスト」
・「フレッツ 光プレミアム」
・「フレッツ・ドットネット」
・「フレッツ・v6アプリ」など

※2: ウェブページの表示に時間を要する事象について
以上の内容が理由となる表示遅延では、初回表示に数十秒かかる場合があります。なお初回の表示以降については、基本的にご利用いただいている端末のキャッシュ機能によって表示遅延はなくなります。


<弊社での対策(AAAAフィルタ)について>

前項に記述しました想定される事象を回避するため、弊社が提供しております以下の参照DNSサーバ(キャッシュDNS)に対して「AAAAフィルタ」を適用しております。

・cns01.sphere.ad.jp(203.138.71.154)
・cns02.sphere.ad.jp(210.150.255.66)
・cns11.sphere.ad.jp(203.138.63.114)
・cns12.sphere.ad.jp(203.138.63.122)
・cns13.sphere.ad.jp(203.138.63.115) - DNSsec対応(要手動設定)
・cns14.sphere.ad.jp(203.138.63.123) - DNSsec対応(要手動設定)

●弊社での対策(AAAAフィルタ)の利点について
IPv4の環境でご利用のお客様がIPv6とIPv4の双方に対応したサーバに対してアクセスをしようとした際に、このAAAAフィルタの対策をした弊社の参照DNSサーバはIPv4のアドレス情報のみを問い合わせ元の端末に対して応答します。
このためご利用の端末はIPv4のアドレスが割り当てられたサーバにのみアクセスすることから、前項に記述しましたウェブページへのアクセス(閲覧)が失敗するなどの事象を回避することができます。
基本的に当該対策(AAAAフィルタ)によって、ご利用いただいている端末や通信機器の設定変更は発生しません。
ただし前述以外の参照DNSサーバを個別に設定されている場合には、前項に記述しましたような事象が発生することもあります。その際には参照DNSサーバを自動取得にするなど、ご利用されている端末や通信機器の設定変更が必要となります。

●弊社での対策(AAAAフィルタ)の注意事項について
当該対策(AAAAフィルタ)によってIPv4の環境でご利用のお客様がIPv6のアドレス情報(AAAAレコード)を取得することはできなくなります。このためIPv6のアドレス情報であるAAAAレコードを取得する必要があります場合には、グーグル社(Google)が無償提供しておりますGoogle Public DNS(パブリックDNSサービス)などをご利用ください。

・8.8.8.8(google-public-dns-a.google.com)
・8.8.4.4(google-public-dns-b.google.com)

なおグーグル社(Google)が提供していますGoogle Public DNSにつきましては以下(英文)をご参照ください。

http://code.google.com/intl/ja-JP/speed/public-dns/ (英語)

【本件に関するお客さまからのお問い合わせ先】
InfoSphereインフォメーションセンター
  ・電話   0120-85-4588
  ・受付時間 9:30~18:00(土日祝日・年末年始を除く)
  ・メール  staff@sphere.ad.jp

2012.6.5

最新情報トップにもどる

このページのTOPへ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ/資料請求・料金シミュレーション

お申し込み

工事・故障・災害情報

工事・故障・災害情報モバイルページ